輸入住宅、レンガの家はRed House

輸入住宅、レンガの家はRed House

concept

他には無い、ひとつ格上のデザイン賃貸住宅

築年数の経過が空室率の上昇を招く構造

賃貸オーナーの方であればご存知かと思いますが、
空室率は築年数の経過と共に上昇する傾向がございます。
築二十年を経過すると入居率が70%を切る事もあり、賃料を大幅に値下して改善しようとしますが、
それでも空室が埋まらない場合もございます。
状況の改善の為に、賃貸オーナーは大規模なリフォームや建替えの実施を考えます。
(これが賃貸住宅の建替えサイクルの短さ(平均二十数年)を生み出します。)
しかし、何の工夫も無い同じ手法による建替えは、やはり築年数の経過と共に空室率が上昇し、
築二十数年後には、同じ状況に陥るのは明らかです。

デザイン賃貸住宅

大切なのは築10年経っても20年経っても「住みたい」と思える建物を作ること

築年数の経過から来る空室率の上昇を防ぐには、年月が経つにつれ味わいが増し、何年経っても「住みたい」と思える建物である事。
年月が経つにつれ建物が味わい深くなるヨーロッパ建築の賃貸住宅は、まさにこの問題の課題解決につながる手法といえます。
さらに弊社では、外壁にメンテナンスフリーの素材を使用し、その素材を活かす デザイン性の優れたアパートをご提案いたします。